最近よく見かけるアジアのクレジットカード

最近、デパートに行くと 「これらのクレジットカードがご利用になれます」という表示の下に、見慣れないマークのクレジットカードが表示されていることに気がつきます。

普通私達が見慣れているクレジットカードは大体英語表記の会社のものか、カタカナ表記。

でもこの見慣れないクレジットカードの表記は漢字。
そして その漢字は、「なんて読むんだろう?」とちょっと考えてしまう難しい漢字。
どうやらこれは中国の銀聯(ぎんれん)というクレジットカードのようです。


このクレジットカード、見た目はクレジットカードですが、デビットカードとして分類され、中国では「借記カード」と分類されているようです。

中国だと、お客さんがクレジットカードで買い物すると、店はカード会社に手数料を払わなくてはなりませんが、銀聯カードでの支払いの場合、店は手数料を払う必要がないので、店としては、この銀聯カードでの支払いのほうを歓迎しているようです。

所変われば、色々と違うものですね。


-
このページのトップへ